施設紹介

横浜ランドマークタワーの施設をご紹介いたします。

ランドマークタワー施設概要

海に囲まれた港街として、商業、ビジネス、観光など様々な目的で多くの人々が訪れるみなとみらい。 駅の近郊には新しい商業施設やオフィスビルの開発が進み、住居者向けのベッドタウンも着々と建設されはじめています。

そんな成長著しいこの街で、私たち横浜ランドマークタワーは最も歴史あるみなとみらいの商業施設として、また日本有数の高さを誇る総合タワー施設として、常にみなとみらいのシンボルであり続けたいと考えています。

みなとみらいの発展と成長のために、これからも横浜ランドマークタワーはこの街を応援してゆきます。

建築概要

所在地 横浜市西区みなとみらい二丁目2番1号
敷地面積 38,061.51m2
建築規模 タワー棟/地下3階 地上70階 塔屋3階(最高高さ296m)
プラザ棟/地下4階 地上5階 一部7階
構造 鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造(一部鉄筋コンクリート造)
主要施設 オフィス、ホテル「横浜ロイヤルパークホテル」、ショッピングモール「ランドマークプラザ」、
石づくりドック「ドックヤードガーデン」、展望フロア「スカイガーデン」、多目的ホール「ランドマークホール」、駐車場
建築面積 23,208m2
延床面積 392,885m2
[内訳]オフィス/約166,000m2 ホテル/約83,000m2
ショッピングモール/約74,000m2 駐車場/約60,000m2(駐車台数約1,400台)
その他/約10,000m2
建築主 三菱地所株式会社
基本構想及び
デザイン
コンサルタント
ヒュー・スタビンス氏 及びザ・スタビンス・アソシエイツ(米国)
(Mr.Hugh Stubbins and The Stubbins Associates,Inc.)
設計・監理 三菱地所株式会社
工期 着工/1990(平成2)年3月20日
竣工/1993(平成5)年7月14日

開発構想

開発経緯
1983 [昭和58年3月] 三菱地所は、三菱重工業(株)より造船所跡地31haの内、20haを買受け、
民間最大の地権者として「みなとみらい21」に参画。ランドマークタワー開発計画の検討を開始
1988 [昭和63年1月] 開発基本構想を発表
1989 [平成元年4月] 三菱重工業(株)旧横浜造船所第2号ドックが「横浜認定歴史的建造物」に認定、保全活用計画を発表
1989 [平成元年7月] 展望フロア設置計画を発表
1989 [平成元年12月] 三菱重工業(株)旧横浜造船所第二号ドックの保全活用調査を開始
1990 [平成2年1月] 特定街区決定告示
1990 [平成2年3月] 新築工事着工
1991 [平成3年11月] 正式名称を「横浜ランドマークタワー」に決定
1993 [平成5年7月14日] 工事竣工
1993 [平成5年7月16日] 横浜ランドマークタワー開業
1997 [平成9年12月] ドックヤードガーデン、国重要文化財に指定される
みなとみらい21地区について
横浜新都心を創造する壮大なプロジェクト、みなとみらい21<MM21地区マスタープラン>

みなとみらい21は1859年の開港以来、横浜の都心部として発展してきた関内・伊勢佐木町地区と、戦後急速に発展してきた横浜駅周辺地区、この両地区に囲まれた約186ha(既存土地110ha/埋立地76ha)の広大な臨海部に、国際性をテーマとする業務、文化、商業、コンベンションなどの多彩な都心機能を集積させ、就業人口19万人、居住人口1万人という21世紀の新都心を創出するプロジェクトです。